相続手続用書類

韓国籍の方や、元韓国籍の方で日本に帰化された方が亡くなった場合、相続人調査のため、韓国の除籍謄本等の書類が必要になります。
 
帰化された方は、韓国の書類に加え、日本の戸籍調査も必要となります。
 
被相続人の銀行口座の解約や、相続による不動産登記の際には、除籍謄本、基本証明書、家族関係証明書の翻訳が必要となります。
 
当事務所では、必要箇所のみの翻訳も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
 

除籍謄本(電算化)除籍謄本(手書き・横)
基本証明書家族関係証明書